こんなときは?

事故・トラブルの時は?

交通事故現場での対応

もし、事故が発生したら・・・

落ち着いて、以下の項目を参考に対応ください。

 

けが人を救護します

救急車を呼ぶ、自分で近くの病院に運ぶなど状況によって適切な方法をとります。軽いケガでも必ず病院に付き添い、診察を受けてもらうようにしましょう。

車を安全な場所へ移動させます

事故車をそのままにしておくと、交通渋滞や二重事故の原因になります。安全な場所へ移動しましょう。

現場の住所、事故の状況、けが人の状態などを警察に連絡します      電話でもかまいません。後で「交通事故証明書」を取付けるために、たとえ軽微な事故であっても、必ず警察に事故届をしてください。警察にはあいまいな言い方は避け、主張すべき点ははっきり主張しましょう。

相手方の連絡先を確認します

加害事故、被害事故にかかわらず、免許証などで相手方の氏名、住所、連絡先などを確認しておきましょう。また、相手車両の登録番号も必ずメモしておいてください。相手方にも保険がついている場合には、その保険会社、証券番号、契約者氏名、連絡先を確認してください。

事故状況と目撃者の確認をします

事故状況は、賠償額を決定するうえで重要なキメ手となります。お互いのスピード、停車位置、信号など忘れないうちにメモしておきましょう。目撃者がいたら、住所、氏名、連絡先なども聞いてメモしておきましょう。

当人同士で、その場で示談は絶対にしないでください

人身事故、物損事故いずれの場合も事故現場では絶対に示談しないことです。あわてて示談すると、法外な賠償金をとられることがあります。コットンまたは保険会社と十分打ち合わせをしたうえで示談してください。

事故状況をコットンまで連絡します

お客様の事故連絡にしたがい、事故にあわれたお車の損害確認や事故現場の確認などを行います。

事故車を修理業者へレッカー依頼します

事故車を最寄りの修理工場に運びます。損害が大きく、走行できないときは保険会社が提供している、ロードサービス(24時間365日体制)をご利用ください。

*ホームページの事故発生時連絡先をご確認ください。

 

 

事故状況で伝えていただくこと

いつ 事故発生の年月日、時刻
どこで 事故発生の場所(町名、番地、道路名、目標物等)
だれが・なにを 相手方の氏名、連絡先、住所、年齢、車名、ナンバー等
どうして 事故の原因・形態(スピードの出し過ぎ、わき見、飛び出し等)
どうなった 自車・相手車の損害箇所、損害の軽度、修理先(ディーラー名、整備工場名、電話番号)等

 

 ページの先頭へ